« 2013年2月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

続編 矢作川中流域の不法投棄物について

続編 矢作川中流域の不法投棄物について

ホームページに更新しました。

http://www.small-earth.jp/school/index.html#201305

○○○ホーム名古屋(株)様より、【矢作川中流域の不法投棄物についてのご報告 4/27 5/13】をいただきましたので文面掲載いたします。

ホームページ上にてご指摘頂きました矢作川のパネル廃棄の件ですがお知らせして頂きありがとうございます。

確かに当社建築現場にて使用している物です。

当社の管理の下、下請け会社で保管・運搬・設置をしていて当社にとっても大変重要なパネルであり、取り扱いは十分注意しておりましたが、このような事態をおこしてしまい反省する次第です。

お知らせ頂いてから、パネルの矢作川河川敷の捜索をしましたが発見に至っておりません。

又、国土交通省中部地方整備局豊橋河川事務所岡崎出張所の○○様にも確認しましたが収集物の報告も無く、管轄区域で安城出張所のも問合せしましたが確認出来ない状況でした。

今件は当社の管理不行届きであり、今後は保管・運搬上の管理を徹底し再発防止に努めます

先日○○様とお話させて頂き、環境問題等に視点を向け個人レベルでは御座いますが河川等の清掃に取り組む次第で御座います。

<まとめ>

ご連絡いただき、有り難うございます。

今後の御社の事業活動において、このような事案が起きない事を切に望みます。

そして個々の活動の輪が、御社組織全体の輪に拡がる事を期待します。

<豆知識・提案>

この矢作川本川・支流は、とにかくダムの多い河川です。以下、大きなダムを抜粋してみました。

①明治用水頭首工【水源ダム】を下限とし、→②越戸ダム→③阿摺(あずり)ダム→④百月ダム→⑤笹戸ダム→⑥矢作第二ダム→⑦矢作ダム、⑧黒田ダム【矢作川水系黒田川】、⑨羽布ダム(別名三河湖)【矢作川水系巴川】と九つもの大きなダムが存在します。さらに、小規模の堰は多数存在。利用目的は、洪水調整・不特定水利・かんがい・上水道・工業用水・発電です。

増水時には各ダムのゲートが開放→堆積していた大量のヘドロ・ゴミが下流部に放出→中下流域→三河湾へと流れ込みます。沈砂池が崩れているようなものです。矢作川沿岸水質保全対策協議会(矢水協) 故人【内藤連三氏】なら、どのような改善策を立案されるのだろうか?改善、改善です。ん?あれ?どこかで良く耳にする言葉ですね。

知人の鮎釣り師Sさんがおっしゃられていました。「鮎の友釣りのできる有名な河川で、この矢作川が全国で一番汚いと・・・」。岡崎市の矢作川中流域を観察してみますと、鮎釣り師Sさんのおっしゃられている事が納得。ゴミ溜まりが随所に確認できます。

では、どうすればいいのでしょうか?

個々での矢作川水系河川浄化活動の輪が広がり、ゆくゆくは巨大組織の代表格【○○○自動車(株)様、○○電力(株)様】等々が重い腰を動かす事に期待するしかありません。そろそろ、神聖なる矢作川水系に恩返しをする時期にきているのではないのでしょうか?それだけの恩恵は、創業から今日現在に至るまで十分享受しているはずです。目線を河川に向けていただき、社会貢献の一環として河川浄化活動に取り組んでいただければ大変喜ばしい限りです。

では、いつやるの・・・? 「今でしょ」

注)これより先は深入りせず、慎重に行動しなければなりません。理由は、原発村と同じように河川村(仮称名)が存在しているよからです。

詳しくは、こちらを見てね。

http://www.small-earth.jp/index.html

|
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年6月 »