« 続編 矢作川中流域の不法投棄物について | トップページ | 7月の遊び クワガタ採取 »

6月の遊び 手長エビ釣り

6月の遊び 手長エビ釣り 

ホームページに更新しました。

http://www.small-earth.jp/school/index.html#201306

P6020013

写真3枚 イラスト1枚

<日時>

2012年6月2日(日) AM11:00~PM1:30頃

<場所>

愛知県岡崎市、一級河川【矢作川】天神橋下

<目的>

手長エビ釣り

<水質状況>

透明度あり、減水気味。

<参加者>

大人2名、子供1名、外野(古老)2名

<用意した道具・エサ>

短竿・手長エビ市販仕掛・玉ウキ・撒きエサ・赤サシ・長靴・網など。

<本日の釣果>

大小含め手長エビ15~20匹前後を釣り上げました。釣りの最中に、邪魔者モクズガニが顔を出し大きなハサミでイタズラをしてきました。仕掛けを切られないように注意しましょう。その他の外道(ハエ・ギギ・アメリカオオナマズ稚魚・ブルーギル稚魚など。)

<釣果を伸ばす為のポイント>

雨後のやや濁り時に釣行すれば数が伸びます。理由は、手長エビの警戒心が非常に緩まっているからです。エサはミミズのみでOKですが、仕掛けは多めにご用意してください。さらに釣果を伸ばす最大のポイントは、当たりが出てから最低でも1分は待つ事です。早合わせは絶対に禁物です。ゆっくりと竿を持ち上げて手長エビを針に掛けるのです。短竿3本程で探るのが理想的ですね。

<満足度指数>

★★★ 5段階評価

<注意点>

1、水深が浅い為、静かな釣りを心がけましょう。手長エビは人の気配に敏感です。

2、足元が不安定で滑りやすいです。川に落ちないように心がけましょう。

3、ゴミは必ず持ち帰りましょう。

<料理方法>

唐揚げ、素揚げ等で・・・。注)頭は泥臭いのでお勧めできません。泥を吐かせてからならOKです。

<まとめ>

手長エビは、稚鮎・ウナギ・モクズガ二などと同時進行で遡上してきているようです。手長エビをエサにしてウナギ釣りを楽しみたいところですが、今冬の三河湾ではシラスウナギが大不漁。従って今夏のウナギ釣りはあまり期待できそうにありません。昨夏、矢作川のとある場所で約150本ものウナギを釣り上げた○○さん(鞍ヶ池ワカサギ釣りタイトルホルダー)もおられます。エサは、ダイコクミミズ・ドジョウ・稚鮎か?結論として、ウナギの棲息している場所で竿を出せば釣れるのです。釣り場を推測しますと、矢作川水系巴川のどこかでしょうね。

詳しくは、こちらを見てね。

http://www.small-earth.jp/index.html

|
|

« 続編 矢作川中流域の不法投棄物について | トップページ | 7月の遊び クワガタ採取 »

川の遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410164/51880185

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の遊び 手長エビ釣り:

« 続編 矢作川中流域の不法投棄物について | トップページ | 7月の遊び クワガタ採取 »