« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年10月

10月の遊び 落ち鮎観察

10月の遊び 落ち鮎観察会&釣果

<日時>

2014年10月10日(金) & 10月12日(日)

<場所>

愛知県岡崎市 一級河川矢作川 天神橋下流にて

<目的>

落ち鮎の観察&釣果報告

<落ち鮎観察会参加者>

イオンリテール株式会社 東海カンパニー イオン岡崎南店

イオンチアーズクラブ 代表コーディネーターMさん1名

タイデスクラブ2名

<満足度指数>

★★★ 5段階評価

Pa120425
刺し網風景 天神橋下流の浅瀬にて 10/12(日)

先週の台風の影響により、矢作川本流は増水しておりました。 

Pa120413
師匠K氏 落ち鮎釣果 10/12(日)

80歳すぎても元気もりもり。相変わらず上手に釣り上げます。翌日からは台風直撃により河川の増水は間違いなし。その後数日間は竿が出せません。

Pa100411

師匠K氏 落ち鮎釣果 10/10(金)

先週の台風の影響による増水もなんのその。師匠K氏80歳すぎてます。テトラポットの上をピョンピョン跳ねてます。まるで若鮎みたいです。信じられません。頂いた落ち鮎は、塩焼きにて美味しく頂きました。ご馳走様でした。

イオン岡崎南 チアーズクラブ 様から、落ち鮎観察会の画像が届きましたので下記に添付しました。

準備中

<まとめ>

春先の可愛い稚鮎達が、秋口には大きく成長している事を確認できました。若干の婚姻色が出始めており、産卵のピークが間近かと思われます。その後、孵化した鮎の仔魚達は流下に乗って海に下り、そして冬を過ごし、生き延びた稚鮎達のみが来年の春先に各河川をまた遡上するのでしょうね。

遡上⇒川で成長⇒産卵⇒流下⇒海で成長⇒遡上 

地球の成り立ちと生命のサイクルを、ほんの僅かでも理解していただければ喜ばしい限りですね。

| | コメント (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »