自然災害

推理小説?を書いてみた。50%現実かも?

題材 M9.1

 ジュセリーノ氏の予言によりますと、9月13日に愛知県岡崎市を震源地として、M9.1の超巨大地震が発生するらしい。

 本当に起きるのかな~?しかしながら、今日現在、岡崎では一番熱い話題である。

 少し歴史をさかのぼって調べてみたよ。大昔、伊勢湾・三河湾の沖合いには、鯛の島という伝説の島があったそうだ。今は、海の中に沈んでいて、乗合船・仕立船で魚釣りをする1級ポイントである。一つの巨大な島が沈んでしまうぐらいの超巨大地震が大昔に起こったという紛れもない事実である。

 また太平洋戦争中には、三河大地震が発生している。65歳以上の年配の方々は体験しているはずですので、今なら、生のお話が聞けますよ。この三河大地震では、大勢の方々がお亡くなりになられました。御冥福をお祈りします。

 この三河大地震。額田郡幸田町深溝に活断層の爪跡が残っているみたいだよ。深溝??。ふかい?みぞ??。深溝=活断層。ピッタリと、町名と意味が一致するではありませんか。不思議ですね~。

 また、もともと岡崎市は御影石で有名な石の町、頑丈な岩盤地帯もありますが、1級河川矢作川周辺は、ぜい弱な堆積層であるはずです。M9.1の超巨大地震がもし起これば、ほとんどすべての建物は倒壊してしまうでしょう。

 私は町の消防団にも在籍しておりますが、岡崎市からは今のところ、ジュセリーノ氏の予言する超巨大地震についての予防対策の情報は入っていません。まっ、行政の立場からしてみれば、そんな予言に対応しないという事が当たりなのかもしれませんが?。もし、本当に予言が的中し莫大な被害が出たら、どうするのかな~。予防対策も大切ではなかろうかと個人的には考えております。

 という事で、岡崎市の昔から由来しているであろう活断層につながる怪しい町名を調べて推理してみたよ。桑谷町、舞木町、針地町、山綱町周辺、この辺り怪しそうである。地図で確認すると野池が多いみたいだし、しかもここの場所、幸田町の深溝から近いからな~。車で運転中、いつも、ラジオの電波の入りも悪いし・・・。

 次は、滝町、岩津町周辺。滝町は、火祭りで有名な滝山寺東照宮のある町です。2級河川青木川をのぞいて見ると、川床が岩盤で覆われている。滝ではないけれども、所々段々になっている。ん~~、ここもかなり怪しい場所である。また岩津町を、岩の津波と勝手に解釈してみたよ。近くの村積山(257m)の山腹は岩だらけだし。私の住まいからもとても近いぞ。ん~~、大丈夫かな~、困ったな~。

 三河地区の自動車産業は壊滅状態になる確率が非常に高く、日本経済が麻痺する恐れが非常に高いのであります。

これはあくまでも、私の推理であります。

|
|

第86話 天災は忘れた頃にやってくる

チリでM7、7の地震が発生、2人死亡、負傷者160人以上(夕刊記事)

我が三河地方でも、太平洋戦争中に三河大地震があったと年配の方々からよくお聞きする。俺が生まれる前の天災である。余震がひどく、怖くて建物内にはとてもいられなかったとの事です。確か幸田町には、深溝(ふこうず)という町名があるはずであるが、俺の記憶によりますと断層があるはずである。今でも三河大地震の際に出来た断層後が残っているそうです。さらに昔には、三河湾、伊勢湾にあったと言う伝説の鯛の島、今では海の底に沈んでしまい、お魚ちゃんたちの漁礁であります。あっそうだ、今度の日曜日は仲間内で師崎漁港から仕立船に乗り大物釣りだ。マダイの60cmサイズ釣りたいな~~。海の神様、お願いしますよ~~。

今日が秋の火災予防週間の最終日。消防団員歴12年のこの私であります。自分たちの町は、自分たちで守ろう。

「天災は、忘れた頃にやってくる」

それでは、またね~~。

公式webサイトは、

http://small-earth.jp/  になります。

|
|

第45話 台風9号本土直撃か?

なんか、台風9号の動きが怪しいぞ

今日現在は、沖縄に向いているが

徐々に向きを変え明後日頃には、東海地方に方向転換

していそうだ

これは、俺の勘(第6感)であるが・・・・

その頃には、勢力も増しているはずである

なんとか、東海地方は避けてほしいものだ

東海地方の次に怪しそうな地域は、関東地方か

と言うことは・・・・

俺の結論

東海地方から関東地方の間に上陸するであろう

大雨洪水暴風波浪警報なのである

人間は、自然の力には勝てないのである

|
|

第29話 新潟県中越沖地震と我が町の現実問題 

新潟県中越沖地震(新潟県柏崎市中心に被災)

マグニチュード6,8 最大震度6強 

私は今現在、被災地の方々に何もしてあげる事出来ない

力のなさを痛感する

また地震は、いつ、何処で発生するか分からない

私も消防団員歴13年目に入った

「自分たちの町は自分たちで守る」という志で活動している

のであるが,そのような志を持っている若者が最近少なくな

ってきた

「サラリーマンだから消防団活動は出来ません」

勧誘で断られる時の定番のお言葉であるが

とてもおかしな言い訳である

志があればサラリーマンも自営業も関係ないのである

責任感,道徳観の問題である

災害が起きてから慌てても遅いぞ

もっと自分自身を犠牲にして町の為に活動する人々が増

えて欲しいものであるが

いかんせん、ボランティア活動であるが故に

都会に近づく程、その割合は減少してしまう傾向である

様に感じられる

理想と現実はかけ離れているのである

情が希薄になりかけてはいませんか

悲しい限りである

また、東京電力柏崎原発の火災であるが

危機管理能力が全くなっていない

TVで拝見していたが、いつになっても消火活動をしないでは

ないか、途中でいらいらしてきたぞ

災害時のマニュアルが全然なっていない

それともまたデータ捏造(ねつぞう)か、身の保身か

とても腹黒さを感じてしまう

今日の私は悲しいし、また非常に怒っているのである

|
|