ちっちゃい地球キット

ボウフラ撲滅大作戦

ボウフラ撲滅大作戦

只今、商品開発中

構想は、ほぼ練れている

川・田んぼの水、水道水、タイデスの水

3種類での実験である

以前のテストでは、想像どうりに成功した

パックテスト、PH、硬度

このあたりでまとめてみよっと

新しいアイテムがまた1つ増えそうです

|
|

水草とミジンコの飼育観察記録

ミジンコ飼育がおもしろい 

水草(オオカナダモ、コカナダモ、クロモ)沈水植物本体の生命力が弱りだすと、ミジンコの活動が活発になり増殖しだす。

ミジンコ達は水草を栄養分としているようだ。

増えだしたミジンコ達を観察するのが、ここのところ楽しい。

水草のセルロースも簡単にミジンコ達は分解していく。

このあたりを追求していくと、バクテリア・酵素・糖分の世界に行きつき、

最終的にバイオマスの世界にたどり着くぞ

ん~なるほどな~。

地球の成り立ちと生命のサイクルがピンポイントで観察できるのです。

また、この時期の田んぼに行けばミジンコとホウネンエビが大量に発生しているはずです。

「ちっちゃい地球キット」の詳細は、こちら。

http://www.small-earth.jp/index.html

|
|

頂上近し。8合目付近か?

研究を積み重ね

新商品を開発しました。

弊社、オリジナル商品です。

生態系・生物多様性・里山保全のヒントになるはずです。

詳しくは、こちら。

http://www.small-earth.jp/index.html

見てね。

|
|

質問回答データベース Q&A 「ナノバブル」について

質問

「ナノバブル」って何?

回答

 直系が1μmに満たない超微小気泡であります。通常、マイクロバブルが縮小過程において生成するものでありますが、その寿命は一般的に短いです。微小気泡は表面張力の作用により自己加圧されているため、急速に完全溶解してしまうことがその原因であります。ところが海面活性剤による殻を被った場合や、表面帯電による静電反発力を受けて場合には、ナノレベルの気泡であってもある程度の長時間、存在することが可能であります。特に帯電効果により安定化したナノバブルは、気泡としての特性を保持しており、生物の細胞レベルへの直接的な働きかけなど、工学的な応用の可能性が高いです。

 不思議な砂「タイデスクリンA」にも、ナノバブルを発生させる作用があるようです。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

公式サイト http://www.small-earth.jp/index.html

|
|

質問回答データベース Q&A 「マイクロバブル」について

質問

「マイクロバブル」って何?

回答

 直系が50μm以下の微小であります。水は表面張力が高いために、通常のバブリングでは100μm以下の気泡を生成することは不可能でありますが、気液2相流を流体力学的にせん断させたり、気液を特殊な方法で混合させたりすることにより生成できます。通常の気泡とは異なって、マイクロバブルは水中で縮小し、消滅(完全溶解)します。これを利用して様々な工学的応用が検討されつつあります。

 不思議な砂「タイデスクリンA」にも、マイクロバブルを発生させる作用があるようです。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

参考サイト http://www.yamaguchi.net/archives/001242.html

公式サイト http://www.small-earth.jp/index.html

|
|

質問回答データベース Q&A ミジンコの増やし方

質問

ミジンコの増やし方を教えて下さい。

回答

 1、ポリバケツなどで田んぼの泥を採取してきてミジンコを増やす方法が一般的な方法として用いられているようです。ミジンコのエサは鶏糞を使用している方々が多いようです。上級者にもなると、湖沼や河川などに生息しているクロレラという単細胞緑藻を使用している方々(たぶん研究者や学者さん)もお見えです。このクロレラは何処から仕入れるのかな~?たぶん、クロレラ工業(株)が製造元のような気がします。

 2、私が独自開発したミジンコ養成器(世界初かも?)名付けて「ちっちゃい地球キット」身近な生き物を使用しながらお勉強ができる自然環境学習キットです。ミジンコ以外にもいろいろな身近な生き物(メダカ、シジミ、タニシ、エビ、水草)やタイデス資材を使い食物連鎖を学ぶ事ができます。食物連鎖が上手に機能しないと、ミジンコも増えないからね。ちなみにエサは、タイデス有益微生物配合飼料(エサ)をごく少量与えています。詳しくは、こちらの公式サイトを見て楽しんで下さい。尚、ミジンコについての説明は今後更新していきます。

公式サイト  http://www.small-earth.jp/index.html

参考サイト 

http://www.j-tokkyo.com/2002/A01K/JP2002-238396.shtml

http://homepage3.nifty.com/planaria/index.htm

http://alona.blogzine.jp/chydorus/2008/09/post_6144.html

|
|

第125話 超簡単miniビオトープ作り

ちっちゃい地球キットを利用して、

miniビオトープ作りしませんか? 

 それでは、始めるとするか!

P4210029_2  用意する物  

1、ちっちゃい地球キット1セット(毎月3名様に無料プレゼントしております。この手を使わにゃ損、損であります。)

  http://small-earth.jp/

2、ガラスボール直径約23cm(良品計画ロフトで購入。900円しました。)   www.muji.net

とりあえず、必要最低限の物を揃えましょう。

P5080033 作業開始しま~す。

ここで、用意する物

1、タイデス微生物混養粉石鹸(10g)

2、ガラスボール

3、スポンジ

P5080034 ガラスボールをタイデス微生物混養粉石鹸(少量)で洗浄しコーティングます。酵素等のバイオの力で、汚れが付きにくくなります。

P5080035_2

石鹸を洗い流し、水道水を8分目ぐらい注入し、一晩汲み置きします。(注意)布などで拭き取ると、コーティングが取れちゃうよ。

P5080040 一晩経過しました。

ここで、用意する物

1、ガラスボール(水入り)

2、タイデスクリンA(120g)

3、じょうご

4、ガラスビンのふた

                       5、はかり

P5080042

 はかりで、タイデスクリンAを60g計り、ガラスビンのふたにセット。そして、じょうごを使いタイデスクリンAを投入した直後の写真です。水が白にごり状態になりますが、1~2日で透明な水になります。水が透明になるまで、辛抱するのだ。あわてず、あせらず、のんびりとね。 

P5090043 タイデスクリンAを投入してから、24時間後の写真です。透明なきれいな水が出来上がりました。尚、ガラスボールに付着している白い粉は、最後にタニシに掃除してもらいます。

P5140046 次に、ここで用意するもの

1、タイデスミネラル石(120g)

2、鉄串

3、カセットコンロ

4、鍋

                       5、ざる 

P5140049 タイデスミネラル石を水道水で洗浄した後に

P5140051 タイデスミネラル石を鉄串でかき混ぜながら煮沸消毒します。

P5160053 よく水を切り、乾かします。

P5160055 次に、ここで用意するもの 

1、タイデスクリンAをセットしたガラスボール

2、ざるで乾かしたタイデスミネラル石

3、おたま

                       4、鉄串

P5160057 おたまと鉄串を使い、タイデスミネラル石をゆっくりと沈めた後の写真です。(注意点)慌てて沈めるとせっかくのきれいな水がまた白く濁っちゃうぞ。

P5160058 次に、ここで用意するもの

1、タイデスクリンAと、タイデスミネラル石をセットしたガラスボール

2、イシクリン原石(おまけ付)

3、遠赤外線放射セラミック・セラミックボール(竹炭付)

                       4、ピンセット

P5160065 ピンセットを使い、イシクリン原石、セラミックボール、竹炭を入れた直後の写真です。竹炭は水面に浮いていますが、数日後には沈みます。

P5160063 メダカ、タニシ、水草(オオカナダモ)採取地

P5190070 メダカ、タニシ、水草(オオカナダモ)確保しました。

P5190072 メダカ、タニシ、水草を投入しました。ハンドメイドminiビオトープの完成です。

P5190073 その他のツールパーツ

1、注射器・・・ミジンコ採取時に使います。

2、タイデス有益微生物配合エサ・・・たまに与えてね。

 

P5230074 72時間後の写真です。タニシが、ガラスボールに付着した白い粉を綺麗に掃除してくれました。

公式サイトhttp://www.small-earth.jp/index.html  

|
|